あなたの次の釣りの冒険のための基本的な安全のヒント

  • キャッチを餌にしたり取り外したりするときは、フックを適切に取り扱ってください。
  • ボートに乗っているときも、棚、岩、川岸、海岸のそばにいるときも、ライフジャケットを着用すると命を救うことができます。
  • ボートから釣りをするときは、必ず救急箱を携帯してください。

釣りは楽しいレクリエーションです 趣味 活動は怪我のリスクが低いですが、それはあなたが基本的な釣りの予防措置に気づいてはいけないという意味ではありません。

安全で快適な釣りセッションを楽しむために、あなたは常に基本的な釣りの安全手順を心に留めておくべきです。 あなたは水、野生生物、断続的な屋外条件、そして危険な機器に従事しているので、何よりも自分の安全に注意する必要があります。 したがって、初心者の釣り人は、より楽しく安全な釣り体験のために、次のヒントを覚えておいてください。

SPF30以上の広域スペクトルの日焼け止めを必ず泡立ててください。

端に近づきすぎないでください

これは釣り人にとって簡単なヒントです。 特に水深が深い場合は、水辺に近づきすぎないでください。

長距離からのキャスト プレミアム釣り竿 だからあなたは端で釣りをする必要はありません。 そして、大きなキャッチが噛まれた場合、あなたは水に滑り込むことを恐れることなくそれと戦うことができます。

日焼け止めギアを着用してください

初心者は、この比較的単純なヒントを見落としがちで、釣りの冒険には役に立たないと考えています。 しかし、あなたが屋外にいるとき、あなたはあなたの肌の健康を危険にさらしています。 紫外線によるダメージは、太陽にさらされると15分ほどで起こります。 さらに悪いことに、水と砂は紫外線を反射するため、露出が増加します。 したがって、SPF30以上の広域スペクトルの日焼け止めを必ず泡立ててください。 ズボン、長袖シャツ、サングラス、帽子などの日焼け止め用品を着用してください。

夢中にならないようにする

フックは重傷を負う可能性があるため、注意してください。 キャッチを餌にしたり取り外したりするときは、フックを適切に取り扱ってください。 また、捨てられたフックを踏まないように、釣り場では適切な靴を履いてください。

ライフジャケットを着用してください

ボートに乗っているときも、棚、岩、川岸、海岸のそばにいるときも、ライフジャケットを着用すると命を救うことができます。 あなたが子供と釣りをしているなら、彼らも常にライフジャケットを着るべきです。

ズボン、長袖シャツ、サングラス、帽子などの日焼け止め用品を着用してください。

釣り道具を適切に使用し、保管する

釣り竿やフックは、取り扱いを誤ると怪我をする可能性があります。 したがって、取得または保存するとき 釣り道具.

フックを覆うか取り外して、ロッドを運ぶときは地面と平行に保持してください。 また、岸辺で釣りをするときは、隣の釣り人から10メートルの距離を保ってください。

キャストするときは、後ろに誰もいないことを確認してください。 イセゴイのような大きな獲物と戦っているときも同じことをしてください。 餌を知らない魚もいるので、必ず 適切なルアー あなたの理想的な魚を捕まえる最高のチャンスを与えるために。

野生生物に目を光らせてください

動物は餌場や食料源が豊富な場所に群がる傾向があります。 ですから、釣りをしているときは、釣り場の近くに動物がいないか注意してください。 ワニ、ヘビ、クマ、その他の攻撃的な動物の兆候に注意してください。 危険の兆候が見られた場合は、すぐに移動するか、荷物をまとめて近くに別の釣り場を見つけてください。

応急処置キットを持参してください

ボートから釣りをするときは、必ず救急箱を携帯してください。 怪我が起こったとき、あなたはあなたの応急処置の必需品を手に入れるために岸に戻りたくないでしょう。

結論

釣りはとても楽しい趣味ですが、これらの予防的ヒントを念頭に置いておくと、より楽しくなります。 楽しく安全な釣り旅行を!

注目の画像ソース: Pexels

ケネス・リーブス

ケネス・リーブスは単なる釣り愛好家ではありません。釣りは彼の情熱です! XNUMX年以上にわたって熱心な釣り人であるケネスは、彼のWebサイトPerfectCaptainを通じて最高のリソースを提供することに取り組んでいます。
https://www.perfectcaptain.com/

コメントを残す