American Rescue Planには、納税者を支援できる遡及税制上の優遇措置が含まれています

  • 2020会計年度のみ、失業補償の最初の$ 10,200はほとんどの世帯に課税されません。
  • すでに確定申告を行い、失業補償の合計を所得として報告している適格納税者の場合、IRSは自動的に確定申告を調整し、この税制上の優遇措置を提供します。
  • 2020年に連邦または州の健康保険マーケットプレイスを通じて保険のために健康保険を購入した納税者は、2020年の保険料控除の超過前払いを返済する必要はありません。

IRSは、まだ提出していない納税者に、American RescuePlanのいくつかの規定が2020年の確定申告に影響を与えることを思い出させます。

10,200つの規定では、最大$ XNUMXの失業補償が所得から除外されています。 別の規定は、連邦または州の健康保険マーケットプレイスを通じて助成された健康保険を購入した多くの人々に利益をもたらします。 法律には、第XNUMXラウンドも含まれています 経済的影響の支払い、現在、資格のあるアメリカ人に出かけています。これは、ほとんどの人にとって、一般的に1,400人あたりXNUMXドルに相当します。 IRSは、適格な申告者にこれらの特典を自動的に提供します。

2020年の申告書をすでに提出しているほとんどの納税者は、修正された申告書を提出したり、払い戻し請求を提出したり、これらの新しく制定された税制上の優遇措置の取得についてIRSに連絡したりしないでください。

これらのアクションは、将来の払い戻しをスピードアップしません。 実際、彼らは既存の返金請求を遅くすることさえできます。

多くの人に課税されない失業補償

2020会計年度のみ、失業補償の最初の$ 10,200はほとんどの世帯に課税されません。 この税制上の優遇措置は、150,000年中に修正調整総所得が2020ドル未満の人にのみ利用できます。同じ所得上限がすべての申告ステータスに適用されます。

つまり、2020年の申告をまだ行っていない適格者は、受け取った失業補償総額の最初の$ 10,200を所得から除外し、差額に対してのみ税金を支払うことができます。 カップルの場合、10,200ドルの除外が各配偶者に適用されます。 納税者はIRS.govにアクセスして 細部.

すでに確定申告を行い、失業補償の合計を所得として報告している適格納税者の場合、IRSは自動的に確定申告を調整し、この税制上の優遇措置を提供します。 この調整に基づく払い戻しはXNUMX月に発行され、夏まで継続されます。 払い戻し金額は変動し、すべての調整が払い戻しになるわけではありません。

超過前払プレミアム税額控除の返済が一時停止

2020年に連邦または州の健康保険マーケットプレイスを通じて保険のために健康保険を購入した納税者は、2020年の保険料控除の超過前払いを返済する必要はなく、フォーム8962を添付する必要があります。 プレミアム税額控除、追加のクレジットを請求するためだけに2020年の返品を提出する場合。 彼らは使用するかもしれません フォーム8962 2020年の税務情報に基づいて適格なプレミアム税額控除の金額を計算し、マーケットプレイスを通じて支払われた前払いのプレミアム税額控除と照合します。 2020年の税務情報に基づくPTCがAPTCを超える場合、フォーム8962で正味プレミアム税額控除を請求でき、8962年の確定申告時にフォーム2020を提出する必要があります。

ただし、APTCが2020年の税務情報に基づく許容PTCを超えていた場合、超過APTCと呼ばれ、新しい法律は2020年の超過APTCの返済要件を一時停止します。つまり、2020年の超過APTCを持つ納税者は超過APTCを報告するか、フォーム8962を提出してください。

すでに申告している納税者は、修正された確定申告書を提出しないでください。 IRSは、2020年の超過APTCをすでに報告した人の返済額を自動的にゼロに減らします。さらに、代理店は、提出時に2020年の超過APTCをすでに返済した人に自動的に払い戻しを行います。

すべての納税者が税法の進展に遅れずについていくための最良の方法は、定期的にIRS.govをチェックすることです。

IRS税のヒントを購読する

フィロメナ・ミーリー

Filomenaは、内国歳入庁の税務アウトリーチ、パートナーシップ、教育部門のリレーションシップマネージャーです。 彼女の責任には、税法、方針、手続きの変更を教育および伝達するために、銀行業界などの非税務会社、組織、および協会とのアウトリーチパートナーシップの開発が含まれます。 彼女はコンテンツを提供し、さまざまな協会やオンラインメディアソースへの寄稿者を務めてきました。
http://IRS.GOV

コメントを残す