日本で認可された動物の臓器の発達

日本の科学者たちは、日本史上初めて政府の許可を得て、動物に人間の臓器を作る試みを始めるでしょう。 この物議を醸している研究分野は、 植込み 改変された動物の胚における「iPS」と呼ばれるヒト幹細胞。 幹細胞は、それらが埋め込まれている体の部分に応じて任意のタイプの細胞を生成することができ、したがって特定の器官の作成の基礎を形成することができます。