改善された技術が世界のバッテリー交換市場を充電

電気自動車の需要の増加、バッテリー技術の向上は、グローバルバッテリースワッピング市場/グローバルバッテリーアズアサービス市場の市場を牽引する主な要因です。 充電ステーションの可用性も、グローバルバッテリースワッピング市場/グローバルバッテリーアズアサービスの市場を後押しする要因のXNUMXつです。

世界のバッテリー交換市場は110.44年に2019億1.26万ドルを占め、2029年までに27.6億ドルと推定され、XNUMX%のCAGRを記録すると予想されています。

世界のバッテリー交換市場は110.44年に2019億1.26万ドルを占め、2029年までに27.6億ドルと推定され、XNUMX%のCAGRを記録すると予想されています。 電気自動車のバッテリーはハイブリッド電気自動車に使用され、これらのバッテリーは通常リチウムイオンバッテリーで構成される充電式バッテリーです。

これらのバッテリーは、始動、照明、点火バッテリーとは異なり、持続的な期間にわたって電力を供給し、比較的パワーウェイトレシオが特徴です。 電気自動車の需要の増加、バッテリー技術の向上は、グローバルバッテリースワッピング市場/グローバルバッテリーアズアサービスの市場を牽引する主な要因です。

レポート "世界のバッテリー交換市場、バッテリータイプ別(鉛酸、リチウムイオン、ニッケル金属ハイドライドおよびソリッドステート)、バッテリー形式別(プリズム、円筒形およびポーチ)、方法別(ワイヤーボンディングおよびレーザーボンディング)、推進力別(BEV、HEV、 PHEVおよびFCEV)、サービスタイプ別(サブスクリプションモデルおよびユーザーごとの支払いモデル)、車両タイプ別(2030輪車、XNUMX輪車、乗用車および商用車)および地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、および中東とアフリカ)– XNUMX年までの市場動向、分析、および予測」

主な特長:

  • 2021年5月、Ramani Iyerによって設立されたSpykkeという名前の会社は、途中でパワーバンクを借りることができる事業に8,000万ドルを投資しました。 この会社はこれまで、インド全土の11都市のXNUMXか所にパワーバンクレンタル充電ステーションを展開してきました。
  • 2021年XNUMX月、Piiaggioグループは、KTM、Honda、Yahamaモーターと協力して、オートバイと軽量EV用の交換可能なバッテリーのコンソーシアムを設立しました。

この市場で普及している今後の傾向と洞察を知るために、 リンクをクリック

レポートからの主要な市場洞察:

電気自動車の需要の増加、バッテリー技術の向上は、グローバルバッテリースワッピング市場/グローバルバッテリーアズアサービスの市場を牽引する主な要因です。

世界のバッテリー交換市場は、製品、重大度、アプリケーション、および地域に基づいて分割されます。

  • バッテリーの種類に基づいて、世界のバッテリー交換市場は鉛蓄電池、リチウムイオン、ニッケル水素、固体に分割されます。
  •  バッテリーの形態に基づいて、ターゲット市場はプリズム、円筒形、ポーチに分割されます。
  • 方法に基づいて、ターゲット市場はワイヤーボンディングとレーザーボンディングに分割されます。
  • 推進力に基づいて、ターゲット市場はBEV、HEV、PHEV、FCEVに分割されます。
  • サービスの種類に基づいて、ターゲット市場はサブスクリプションモデルとペイパーユースモデルに分割されます。
  • 車種に基づいて、ターゲット市場は二輪車、三輪車、乗用車、商用車に分割されます。
  • 地域によって、グローバルバッテリー交換市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、および中東&アフリカに分割されます。 APACは、開発された技術と人々の健康意識により、収益の面でグローバルバッテリースワッピング市場/グローバルバッテリーアズアサービス市場の世界的リーダーです。

競争力のある風景:

世界のバッテリー交換市場は、主要なプレーヤーであるCATL(中国)、パナソニック(日本)、LG化学(韓国)、BYD(中国)、およびサムスンSDI(韓国)によって支配されています。

レポートを入手する

サントッシュM.

私は預言市場の洞察におけるデジタルマーケティング担当者です。
https://www.prophecymarketinsights.com/