粒子状物質センサー市場を推進するための大気汚染規制の量の増加

粒子状物質センサー市場は、予測期間中に中程度のCAGRで成長すると予測されます。 大気質の悪さによってもたらされる健康と環境のリスクは、世界中の政府や規制機関による大気汚染の削減に関する規制の増加につながっています。

米国環境保護庁は、屋外での二酸化硫黄、粒子状物質(PM10およびPM2.5)、一酸化炭素、オゾン、窒素酸化物NOx、および鉛(Pb)の達成しきい値を設定する全国大気質基準(NAAQS)を開発しました。全米の空気。

Research Nesterは、「粒子状物質センサー市場:Global Demand Analysis&Opportunity Outlook 2029」では、タイプ、エンドユーザー、地域ごとの市場細分化の観点から、世界の粒子状物質センサー市場の詳細な概要を提供します。

さらに、詳細な分析のために、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論とともに、業界の成長指標、制約、需給リスクが含まれています。

粒子状物質センサー市場は、大気質管理システムへの粒子状物質センサーの適用に伴う大気汚染規制の増加により、予測期間中、つまり2021年から2029年にかけて中程度のCAGRで成長すると予測されています。

IBMによると、毎日2.5Quintillionバイトのデータが生成されます。 OurWorldInData.orgによると、大気汚染は毎年5万人の死亡の原因であり、ほぼ9%(1人に10人近く)が死亡しています。これは国によって2%から15%まで異なります。

このレポートのサンプルコピーを取得

市場はタイプによってPM2.5、PM10などに分割されます。 これらのセグメントの中で、PM2.5セグメントは、肺の内部をブロックするPM2021の吸入に伴うリスクが高いため、粒子状物質センサー市場で2.5年末までに最大のシェアを保持すると予想されます。高い健康リスク。

地域に基づいて、市場は北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、および中東&アフリカに分割され、アジア太平洋地域の粒子状物質センサー市場は最高のCAGRで成長すると予測されます予測期間全体。 現在、北米の市場が最大のシェアを占めています。

これは、米国環境保護庁(Environmental Protection Agency)およびカナダのCEAA(Canadian Environmental Assessment Agency)による厳格で確立された法律および規制の存在に起因する可能性があります。

大気質の悪さによってもたらされる健康と環境のリスクは、世界中の政府や規制機関による大気汚染の削減に関する規制の増加につながっています。

米国環境保護庁は、屋外での二酸化硫黄、粒子状物質(PM10およびPM2.5)、一酸化炭素、オゾン、窒素酸化物NOx、および鉛(Pb)の達成しきい値を設定する全国大気質基準(NAAQS)を開発しました。全米の空気。

中国による大気汚染防止および管理行動計画は、25億ドルの資金で、2017年までに大気汚染を2012年レベルから277%削減することを目指しており、行動計画は人間の健康に影響を与えるPM2.5粒子を対象としています。

PM2.5とPM10は、人間の生命にとって最も危険な大気汚染物質であると考えられており、脳卒中、心臓病、肺がん、慢性閉塞性肺疾患、呼吸器感染症などの深刻な脅威をもたらします。今後数年間で市場の成長を後押しします。 ただし、メンテナンスの高コストと安価な代替品の存在は、近い将来の市場成長を抑制すると推定される要因の一部です。

このレポートのサンプルコピーを取得

パーター・テイラー

パーター・テイラーはコロンビアを卒業しました。 彼は英国で育ちましたが、放課後に米国に移りました。 Perterは技術に精通している。 彼は常にテクノロジーの世界に新しく到着したことを知りたいと思っています。 Perterは技術の著者です。 ハイテクに精通した作家とともに、彼は食べ物が好きで一人旅をしています。
https://researchnester.com