職場での事故を防ぐための4つのヒント

  • トレーニングプログラムが十分に広範ではないと思われる場合は、経営陣に相談してください。
  • あなたが事業主である場合、あなたの従業員が利用できる最高の安全装置を購入することにお金を投資してください。
  • 朝早く帰らなければならない場合は、従業員が夜遅くまで働くことを許可しないでください。そうすることで、仕事に戻る前に毎晩ぐっすりと眠ることができます。

各職場には非常に多くの危険な仕事があり、残念ながら毎年多くの職場で死亡しています。 ただし、これらの怪我や死亡の多くは予防可能であるため、職場の危険に注意を払い、自分や同僚に何かが起こる可能性を減らすために自分の役割を果たすことができるようにすることが重要です。

特定のプロトコルについてまったく確信が持てない場合は、完全に理解できるまで、上司にたくさんの質問をしてください。

ここにいくつかの素晴らしいヒントがあります 職場での事故防止.

全員が適切にトレーニングされていることを確認する

作業するすべての人が適切に訓練されていることを確認することは、壊滅的な事故を防ぐためにできる最初の最も簡単なことのXNUMXつです。 誰かがプロトコルを順守していないことに気付いた場合は、トレーニングペーパーワークに戻って、自分自身とあなたの安全のために実施されているすべてのルールがあることを確認するように提案してください。 トレーニングプログラムが十分に広範ではないと思われる場合は、経営陣に相談してください。 遠隔地でも危険な可能性のある仕事では、適切なトレーニングが最も重要です。

適切な服装と装備を着用する

あなたとあなたが一緒に働くすべての人を確認する 正しい服を着ている そしてあなたがしている仕事のための履物は皆の安全を確保するという点で非常に重要です。 特別な設備を提供することも、無意味な事故を防ぐのに大いに役立ちます。 あなたが事業主である場合、あなたの従業員が利用できる最高の安全装置を購入することにお金を投資してください。 長い目で見れば、あなたはあなたがやったことをうれしく思うでしょう。

遠隔地でも危険な可能性のある仕事では、適切なトレーニングが最も重要です。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることが最善の方法です 目を覚まし、仕事に注意を払う あなたが大きな間違いをするのを避けることができるように。 これは、鋭利な物体、重機、または非常に精密な工具を扱う場合に特に当てはまります。 どんなに注意を払っても、十分な睡眠が取れていないと反応速度が遅くなり、安全で賢明な判断ができなくなります。 朝早く帰らなければならない場合は、従業員が夜遅くまで働くことを許可しないでください。そうすることで、仕事に戻る前に毎晩ぐっすりと眠ることができます。

質問をする

特定のプロトコルについてまったく確信が持てない場合は、完全に理解できるまで、上司にたくさんの質問をしてください。 職場での最大の危険のXNUMXつは、人々が自分の仕事を正しく行う方法を知らず、大きな結果をもたらす可能性のある小さな間違いを犯してしまうことです。 これらは、仕事のすべての側面について質問するだけで簡単に防ぐことができます。

労働災害は恐ろしい現実ですが、上記のヒントをあなたのワークスタイルに実装することで、あなたとあなたが一緒に働くすべての人のリスクが低くなることを願っています!

デビッドジャクソン、MBA

デビッドジャクソン、MBAは世界大学で財務学の学位を取得し、そこで寄稿編集者およびライターです。 彼はまた、ユタ州の501(c)3非営利団体の役員も務めています。
http://cordoba.world.edu

コメントを残す