日本で認可された動物の臓器の発達

  • 幹細胞は、移植された体の部分に応じて、あらゆる種類の細胞を生成することができます
  • 日本は以前、研究者にヒト細胞が導入された胚を14日で破壊することを要求していました
  • それは、例えば膵臓などの特定の器官を欠く動物の胚(マウス、ラットまたはブタ)の発達を伴います。

日本の科学者たちは、日本史上初めて政府の許可を得て、動物に人間の臓器を作る試みを始めるでしょう。 この物議を醸している研究分野は、 植込み 改変された動物の胚における「iPS」と呼ばれるヒト幹細胞。 幹細胞は、それらが埋め込まれている体の部分に応じて任意のタイプの細胞を生成することができ、したがって特定の器官の作成の基礎を形成することができます。

によって行われた作業 中内博光スタンフォード大学の遺伝学者は、日本がヒト細胞の移植に関する規則を変更した後、政府の承認を得た最初の種です。 日本は以前、研究者に14日にヒト細胞が導入された胚を破壊することを要求し、そのような胚が発生中の動物の子宮に着床することを禁止していました。 これらの制限は3月に廃止され、研究者はプロジェクトの個別の承認を要求できるようになりました。

飼育下で繁殖したライオン/トラのハイブリッドであるライガー。 生物学では、ハイブリッドとは、異なる品種、品種、種、または属の2つの生物の特性を有性生殖によって組み合わせることにより生じる子孫です。

始まったばかり

「XNUMX年近くかかったが、今から実験を始めることができる」と中内氏はメディアに語った。 これには、たとえば膵臓などの特定の臓器を欠く動物の胚(マウス、ラット、またはブタ)の発生が含まれます。 増殖して失われた膵臓を形成する運命にあるヒトiPS細胞が移植されます。

胚はその後、動物の子宮に導入され、理論的には、最終的に機能するヒト膵臓を生成するまで発生します。 予備研究では、ラットのマウス膵臓の作成など、有望な兆候が示されています。 これらの再移植されたマウスの臓器はうまく機能し、糖尿病マウスのグルコースレベルを調節しました。 他のテストはより複雑であることが判明しました。

中内にとって、認可された研究はこの分野の障害を理解するのに役立ちます。 しかし、彼はそれがまだ目標からかけ離れていると警告している。 「げっ歯類を使用して概念実証研究を取得しましたが、人間と豚の間の遺伝距離を越えることは容易ではありません」と彼は言いました。 「研究は始まったばかりです。XNUMX、XNUMX年で人間の臓器を管理することを期待しないでください。」

その子孫を持つキメラマウス。 遺伝的キメラ現象またはキメラは、異なる遺伝子型を持つ細胞で構成される単一の生物です。

動物の胚にヒトの細胞を着床させると、いわゆる「キメラ「:動物と人間の細胞で構成されるエンティティ。

「ハイブリッド」はありません

このプロセスは、複雑な倫理的問題、特にヒトiPS細胞が動物でどの器官を生成するかを完全に知ることができないという恐れを引き起こします。 ルールは国によって異なります。 たとえば、米国ではキメラの繁殖について連邦政府による制限はありませんが、他の国ではキメラの繁殖をXNUMX週間以上生き続けることを禁じています。

倫理学者は、人間の脳内のキメラ、または人間の生殖細胞を備えたキメラが、テストされている動物の本質について深刻な問題を提起することを懸念しています。 しかし、専門家は、この繁殖プロセスを「人間と動物の雑種」として認定することは間違っていると指摘しています。 「」には大きな違いがあります。ハイブリッド とキメラ」とハーバード大学医学部の戦略顧問であるウィリアム・レンシュは述べています。 「完全な動物と完全な人間の細胞の混合物を含む人間と動物のキメラとは異なり、人間と動物のハイブリッドでは、各細胞のDNAの半分は人間で半分は動物です」と彼は言いました。 「正しい用語を使用することが重要です」と彼は主張します。

[bsa_pro_ad_space id = 4]

スーザン・シンプソンズ

書くことは私の情熱であり、ライフスタイルの記事は私のニッチです

コメントを残す